寝苦しい夜に 氷枕

寝苦しい夜には、 アイスノン があると、 エアコン をつけなくてもすぐに寝付けますよ。

スポンサードリンク

寝苦しい夜に 氷枕

今年は比較的涼しい日もありましたが、ここ数日は、暑くてなかなか寝つけなかったりしませんか?

寝苦しい夜には、ついついエアコンのリモコンに手が伸びてしまいがちですが、ちょっと待って!
節約エコライフ を心がけるようになってからは、夏には 氷枕 を愛用しています。

いつもより歩いた日には、足がほてって寝つけないことがあって、 アイスノン にタオルを巻いて足元に置いたら、とても気持ちが良かったんです。

冷えピタをおでこに貼ったこともありますが、経済的ではないし、いざという時になくても困るので、緊急時用にとっておくことにしました。

昔からある 氷枕 を使うのが本当の 節約エコライフ なんでしょうが、ウチでは アイスノン などの市販品を使っています。
宅配便のクール便などで大き目の保冷剤が入っていることがあるので、それを冷蔵庫で冷やして使ってもいいと思いますよ。

寝苦しい夜に 氷枕 の詳しくはこちら

古くなったタオル 再利用

古くなった タオル や シーツ は、そのまま捨ててしまっていませんか?
以前は、そのまま 可燃ごみ として捨てていたんですが、 節約エコライフ をはじめてからは、 再利用 するようにしています。

古くなったタオル や シーツ は、使いやすいサイズにカットします。
シーツであれば、少しハサミで切り込みを入れた後、手で裂いた方がやりやすいかもしれません。

使いやすいサイズと言うのは、掃除に使うサイズです。
雑巾よりは小さいぐらいの方が使いやすいと思いますよ。

F1000016-1.jpg
左側は、フェリシモの枕カバーです。
低反発枕に変えて不要になったので。右側のタオルは、10年以上前に旅行用に買った物です。

こんな風にカットした物を、 ウエス と呼ぶそうです。
ウエス の使い方は、油汚れのひどいフライパンや食器を洗う前に汚れをふき取ったり、コンロ周りの掃除に使ったりしています。

古くなったタオル 再利用 の詳しくはこちら

雑誌の切り抜きに マスキングテープ

雑誌 を買うと、ついついそのまま置いてしまいがちですよね。
なるべく、次の号を買ったら、前号からもう一度読みたい記事を切り抜いて、残りは 資源ごみ に出すようにしています。

ただ、切り抜いた物を取っておいても、どの雑誌に載っていたものかわからなくなることが多いんですよね。
マスキングテープ で、こんな風に雑誌の名前と号数をメモして貼るようにしてみました。

s-P1020749-1.jpg
マスキングテープ は粘着力が弱いので、跡がつかずにはがしやすいところも便利ですよね。
ちなみに、この切抜きは、クロワッサンの 節約特集 の号でした。

節約エコライフ を心がけているので、 節約特集 の 記事 はなるべく切り抜いて残すようにしているんです。

雑誌の切り抜きに マスキングテープ の詳しくはこちら

スポンサードリンク

Candela Glowangersかごバッグangers

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!